読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記録

こころが動いた時の記録

スタンドバイミー途中リタイア

f:id:forjgtwo:20170513162626j:plain

 

 

何十年かのドラえもん空白期間を経て子供らと現代版ドラえもんを見るようになった。

最初は大山のぶ代ドラえもんじゃない事にかなりの違和感だったけど。

気づけば慣れてた。

世間から遅れること数年。映画スタンドバイミーを家で見た。

途中でギブアップ・・・お話が終わる前にすすっと席を外した。

コミック版のドラえもんで育った自分にはやはりきつかった。

 

実写映画のシーン割風につくられているところに、

強引にコミック的セリフを入れてあって、

セリフのあとに演技が追いついてくるという感じだった。

テンポがいまひとつズレてて見てて疲れてしまった。

嫁や子供らはそれでもハイブリッドな感覚を持ち合わせていて。

テレビアニメ版も3D版もどっちもおもしろいと言う。

広く世間的にもそっちが普通なんだろう。

 

雪山のロマンスじゃないのこれ?

雪山のロマンスは雪山のロマンスだろー

なんだこれープンプン

頭の固い旧世代な俺、というところか。

 

小学生当時、しずかちゃんはクラスのかわいい子であって

それ以上でもそれ以下でもなかった。

 

スタンドバイミーの大人版しずかちゃんは美しかった。

過去から来たのび太が「きれいだな~」と言ったシーン。

あそこだけはふつうに心に入ってきた。

雪山のロマンスを読んだ当時に感じた大人になったしずかちゃん。

あん時のぼんやりした感覚をおもいだした。

ひとりでもっかい観てみっかなあ。