記録

こころが動いた時の記録

嫁フォン

f:id:forjgtwo:20170710191454j:plain

2年ごとにキャリアを渡り歩くのが常套手段らしいけど。

独り身ならそれも可能だけど、家族持ちだといろいろめんどくさすぎる。

嫁がおおきい画面の携帯にしたいというので、

ヤフオクで中古白ロムを探すことにした。ねらいはドコモ iphone 6s plus。

しかし連日あっけなく予算オーバーで落札されてしまう。

高いのね、まだまだ。アイフォンって。6sといえど・・・

 

まったくその気は無いものの、

ドコモの正規機種変の値段でも見てみるべかと、ドコモのHPへ。

・・・おや?

オンライン販売限定で、6s と 6s plus の安売りをしてるようだ。

PLUSの16GBなら2万。32GBなら3万、64GBなら4万・・という具合に

ギガ数が上がると1万上がっていくという設定になっていた。なになに?

欲しい容量、カラーは全部売り切れだった。

そんな設定あったんかい的、32GBシリーズだけ全色注文可能だった。

というか売れ残っていた。おお。いいよいいよ。十分十分。これで。決まり。

猶予はならじと注文することに。

使い道のなかったドコモポイントも全部消化する事ができた。

都合2万半ばになった。新品の6sPLUSが2万半ばなら悪くない。

キズもので2年使ったバッテリーの中古アイフォンに危うく5万払うところだった。

あぶねえ。あぶねえ。

 

2日後あっけなく新品6sPLUSが到着。ヤフオク品にしなくてよかったよ本当。

嫁アンドロイド機からの電話帳移行などそれなりの時間はかかったが即日機種変完了。

新しいSIMの開通手続きもネットで済ませられる。

マイクロSIMアダプタで、もとのアンドロイド機が動くかを確認して終了。

下取りに出せばさらに値引きになったけど、まったく壊れる気配のない機械だし、

iphoneの故障時に備えて予備機としてとっておく。

 

<ドコモオンライン注文、金銭的利点>

●事務手数料3000円が無料。自分でやってんだからそりゃそうだろう。

マイクロSIMからナノSIMへの変更手数料も無料

(白ロムを買ってきて、ドコモショップでSIMサイズ変更すると2000円)

 

<その他>

●土日にこどもらを連れてDSで待たされる苦痛から開放される。

●あたりはずれのあるDS担当につきあわなくて済む。俺は特に早口女が嫌い。

●詐欺だろの「頭金」販売がない。ないのが当然なんだけど。

その昔、ドコモショップがドコモのお店だと、まだ思ってた頃。

一括で払うと言ってるのに"頭金"を払えという販売方法にキレた事があった。

DSが街のケータイショプといっしょだと知らなかったんですね。当時の自分。

頭金詐欺がないオンライン注文ならストレスフリー。

とにかく単純に事務手数料がかからないのと、待ち時間がないのは利点だ。 

 

 

広告を非表示にする